北海道地震12 -子供たちへ-

北海道地震から一週間が経ちました

被害のなかった地域では、元の日常に戻りつつありますが、震源地に近い地域ではまだまだ断水が続き、

避難所暮らしを余儀なくされている方がまだまだ大勢います


今回の地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします


今日の北海道新聞

北海道新聞2018.9.13



地続きの同じ道内なのに、力仕事もできない私には何も出来ず、ただテレビで現状を見守るしかできない

一週間で200回を超える余震が続き、どんなに恐ろしかっただろうか

今後、子供たちの心のケアが重要視されている


今日のテレビで、余震が怖くて夜家で眠れなくなってしまった、厚真町に住む2歳の「あかりちゃん」が映っていた

画面では、あかりちゃんもお母さんも笑顔だったが、

恐怖心から、お母さんにずっと寄り添い、離れることができなくなってしまっていた

家の損壊は免れたが、余震によりパニックになってしまうので、揺れを感じにくい車で夜を過ごしている

大好きな猫と遊ぶときも、お母さんの傍から離れることができない



他にもたくさんの子供たちが、同じように苦しんでいるのだと思う


私に何ができるのか


もし私にできることがあるとしたら、ちょっとでもクスッと笑ってもらえるような面白い動画を載せることぐらいだ

あかりちゃんと、他の子どもたちが一瞬でも笑えるように、「北海道民にゃんこ」の姫と一緒に、これからも発信していきたい


猫が大好きな子供たちに届きますように・・



姫宣言

あかりちゃん!がんばってニャ!ヾ(ΦωΦ)/



北海道地震の投稿を見て頂いた皆さま、本当にありがとうございました!




その後の関連記事🔗「その後の日常」

🔗「しっぽに👀」


更新の励みになります!応援クリックよろしくお願いします!

     
    にほんブログ村        人気ブログランキ