姫の手袋の役目5

カラーに少しずつ慣れ、生活に支障が無くなってきた

消炎剤の服用と、患部の消毒、そして塗り薬の軟膏

舐めることができなくなったことで、目に見えて効力が表れてきた

ただ、食欲が無くなったり、吐いたりすることもたまにあり、ストレスなのか心配だった


カラーを装着して1ヶ月経つと、皮膚も大分丈夫になり、炎症部分の周りに微かな毛が生えてくる

もうハゲのままかしら…と心配していたが、毛根は蘇ってきた(;´Д`A “


ハゲてます!

ハゲ

ハゲてないよー!💢(ΦωΦ)


消炎剤も徐々に減らしていき、消毒と軟膏のみになった

でもまた1ヶ月後には、カラーの内側から患部を舐めるようになってしまう

痒そうに勢いよく舐めるので、カラーの上からでも皮膚が傷つきそうで慌てたΣ(゚Д゚)

ベタベタの軟膏が気になるのかと、勧められたオイルに変えてみる


カラー装着から2ヶ月半、大分毛が生え揃い、掻き分けて患部を探すほどになる

次の通院予定日に、カラーを外す許可がもらえるよう祈る

毛繕いができないのが可哀そうで、一日も早くカラーを外してあげたかった


耳や首など足で掻きたくて、カラーの上から勢いよく掻く

なんとか届くところを無理な体勢で毛繕いしようとする

猫にとって毛繕いできないことが、こんなにも可哀そうだと初めて知った

いくら体を拭いてあげて清潔に保ってあげても、猫には満足できないものね

初めて猫を飼って、猫がこんなにも綺麗好きなんだと驚いたけど、このときばかりは無頓着になってほしいと思ったよ(;´Д`A “


次こそ!と願い、娘も一緒に病院へ

細菌検査の結果、炎症菌も血のかけらもゼロという結果が出る

晴れてカラーを外す許可が下りた!(*≧∀≦)ノ゙ヤットダー


まだまだ皮膚が丈夫になるまで、2週間置きに入浴

少しでもまた悪化したら、すぐにカラーを戻して来院

その条件でギリギリ許可が下りたのだけど、私も娘も待ちに待った日だったので大喜びだった



でもその後に更なる事件が待ち受けていようとは、このとき夢にも思わなかった・・


・・・to be continued



.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚



今日はいくぶん暑さが和らぎ、ダラけてた姫が元気いっぱいだった

テンションが高くなる棒で遊んで欲しいと何度もせがまれる


目をまんまるにしてガン見!

遊んで

じ~~~~~~~~っ=ΦwΦ=



更新の励みになります!応援クリックよろしくお願いします!

     
    にほんブログ村        人気ブログランキング