大切な存在

猫を飼う決心がつくまで随分と悩んだ

どうしてそんなに?と不思議に思うかもしれないので少し説明しよう


私が幼い頃から実家では犬を飼っていた

なのでどちらかというと猫より犬派だった

姫に出逢い初めて、猫のたまらない可愛らしさに気付かされた



元々動物好きの私は、一人暮らしの頃からリスなど小動物を飼っていた

ペット不可の賃貸だったのでこっそりと…( ´・з・)bシーッ!!

そのまま結婚後の持ち家にはリスがいて、加えてウサギが家族に加わった

二人の子供たちは幼い頃から、うさぎと過ごし成長した



うさぎ

まだ小さい頃のうさぎ


うさぎが天国に行ってから、もう動物は飼えないと思った

ちょうど子供たちも思春期、反抗期で気持ちにも余裕がない時期が続いた

家に初めてペットがいなくなり、3年以上が経った


娘は私に似て動物好きなので、ペットのいない生活が寂しいようだった

娘の友達には猫を飼っている子が多く、可愛い猫の話をよく耳にした

ペットを飼いたい娘の気持ちはよくわかっていた

でも、私はもう動物の命を背負う自信がなかった



きっと、姫と出逢わなければ、未だにペットは飼っていなかったと思う

姫だから、再びペットを飼いたいという気持ちになれた


姫は私にとってペットではなく子供、娘にとっては妹みたいな存在だ

姫は自分が猫だと知らず、私を母親だと思ってるはず(・´ω`・)タブンw



姫どこかなー?と机の下を覗いたら、姫がいた(*>∇<)ノ

机の下から

別に隠れてないのにー?(Ф∀Ф)


更新の励みになります!応援クリックよろしくお願いします!

     
    にほんブログ村        人気ブログランキング